岐阜県の不動産売買・土地・戸建て購入なら岐阜ナビ
ミタカ不動産

家を売りたいならどうすればいい?売却の流れや高く売る方法、注意点などを解説

「家を売却する手順を知りたい」「家を売るときの注意点を教えて」と考えていませんか?売主は不動産の売却時に、契約の締結や決済、引き渡しなどの手続きをする必要があります。家の売却手順を把握すると、スムーズな売却につながるでしょう。本記事では、家を売るときの流れや高く売るコツ、注意点を紹介します。

家を売るときの流れ

1. 不動産会社に売却の相談をする

不動産会社に家を売りたいことを相談しましょう。不動産会社は電話または現地で、物件の状況や要望をヒアリングします。物件情報を詳細に把握してもらうためには、対面相談がよいでしょう。

なお、ミタカ不動産では要望に応じて以下3つのプランを提案します。

  • スピードプラン:即金性を重視
  • ベーシックプラン:値段と速さのバランスがよい
  • チャレンジプラン:高額での売却を重視

ご要望に合ったプランを選択していただくと、最適な査定額を提案します。
ミタカ不動産へのお問い合わせはコチラ

2. 不動産会社に売却予定の物件を調査・査定してもらう

不動産会社の社員が物件を調査します。不動産会社が「レインズ(REINS)」での制約事例や市場の動向を調査して査定を行います。査定額は相場より低いと売れやすいですが、売主が損をする可能性が高い。相場より高額だと利益は出ますが、売るのに時間がかかります。ミタカ不動産では緻密な市場調査を実施して、売主の利益が最大化するように査定します。

3. 希望額と査定額をもとに売出価格を決定する

ミタカ不動産で査定したあとは、売主が希望する売却価格を踏まえて売出価格を決定します。家を高く売りたい方は、売却価格を相場より高く設定し、状況に応じて価格改定が可能です。早期売却をしたい方は、査定額より安価に設定できます。ご自身の都合に合わせて売出価格を設定しましょう。

4. 媒介契約を締結する

不動産会社と媒介契約を締結してください。媒介契約とは、販売活動の方法や物件が売れたときの報酬金額などを取り決める契約をいいます。媒介契約をすると売主と不動産会社との関係が明確化されるため、売買に関するトラブルを予防できます。

媒介契約の種類は、以下の3つです。

契約の種類複数の不動産会社との契約売主が買主をつけた場合販売状況の報告頻度契約期間
1. 一般媒介契約可能不動産会社の仲介なしで販売可能なし既定なし3ヶ月以内
2. 専任媒介契約1社のみ不動産会社の仲介なしで販売可能1週間に1回3ヶ月以内
3. 専属専任媒介契約1社のみ不動産会社の仲介が必要2週間に1回3ヶ月以内

売主は3種類の媒介契約を自由に選択できます。売主の制約は一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の順番で厳しくなります。専属専任媒介契約は売主にとって制約が厳しいですが、不動産会社が売却活動に力を入れやすいといえるでしょう。

5. 販売活動を開始してもらう

ミタカ不動産では、以下の3つの手法を用いて販売活動を行います。

  • 自社の顧客への紹介
  • SUUMOやat HOMEへの仲介サイトへ登録
  • 自社サイトへの登録

ミタカ不動産では、既存顧客に売主の売却物件を紹介します。地域密着型の不動産会社はエリア情報に精通しているため、物件を探している人を容易に見つけることが可能です。物件は大手不動産会社の仲介サイトに登録されるため、広範囲に買主を募集できるでしょう。岐阜県に特化している「GifuNavi」に登録すると、物件の購入を検討している買主に見つけてもらいやすくなります。

6. 売主・買主で契約を締結する

販売活動の結果、買主が決まったら契約を締結します。不動産会社が契約書の草案を作成するので、売主は念入りに確認しましょう。確認時には条件内容や買主からの支払日、金額にミスがないかをチェックしてください。草案に問題がなければ、不動産会社の社員と売主、買主が集まり契約を締結します。

7. 決済・引き渡しを行う

不動産会社の社員と司法書士が立ち会い、代金の受け取りと物件の権利を移行する作業に入ります。このとき、委託した司法書士が以下2つの作業を行ったあと、物件は買主へ引き渡されます。

  • 抵当権の抹消
  • 所有権移転登記

売主は必要書類に漏れがないかを確認しておきましょう。売買の手続きを行い、買主が物件の購入代金を支払うと売主に現金が入ります。

家を高く売る方法

不動産の売却に強い買取・仲介業者を選ぶ

家を高く売るためには、不動産の売却に強い買取・仲介業者を選ぶことが重要です。不動産の売買には、営業力の強さや既存顧客の多さ、販売ルートの豊富さなどが関わってきます。不動産会社によって家を高値で売れるかどうかは異なります。

家を売りたいときは多くの不動産会社に査定を依頼して、相談のときに実績を聞くとよいでしょう。なお、一般的に仲介と買取であれば、仲介のほうが高値で売却できます。物件を高値で売りたい方は、仲介を依頼しましょう。

売出価格を相場より高めに設定する

売出価格を相場より高めに設定すると、より多くの現金が手元に入ります。ただし、高値に設定すると、以下のような弊害が生まれる可能性があります。

  • 売れるまでに時間がかかる
  • 理想の価格では売れない可能性がある

家の売却を急いでいない方は、価格を相場より高く設定するとよいでしょう。理想の価格で売れない場合は、徐々に価格改定を行うことが大切です。市場に売却の意志をアピールすることで、高値で売れる可能性が高まります。

家を売りたいときにやってはいけないこと

家を売るときは、不動産会社や買主に虚偽の情報を伝えてはいけません。売主に不利になる情報であっても正確に伝える必要があります。雨漏りや白アリ、傾きなどの欠陥を事前に伝えていない場合、買主は売主に契約の解除や補償の請求ができるためです。これを「瑕疵担保責任」といいます。物件の売却前に不動産会社や買主に欠陥を伝えていれば、瑕疵担保責任に問われるケースは少ないです。トラブルを避けるために、売主にとって不利になる情報でも漏れなく伝えましょう。

家を売ったあとの注意点

不動産を売却して譲渡益が生じた場合は、必ず確定申告をしましょう。譲渡益とは、売却価格と購入価格の差で得られる利益のことです。譲渡所得として計上し、所得税と住民税を納める必要があります。確定申告は売却した翌年の2月16日から3月15日の間に行ってください。なお、不動産の売却で損失が発生した場合は、確定申告は必須ではありません。

岐阜の家を売りたいならミタカ不動産がおすすめ

家を売りたいときは、不動産会社に相談しましょう。不動産会社に依頼すると売出価格の設定や販売活動などを一貫して実施してもらえます。営業力が強かったり、販売経路が多かったりする不動産会社を選ぶことで、物件を高値で売却できるでしょう。

岐阜県に特化した不動産会社「ミタカ不動産」では、自社サイト「GifuNavi」や大手不動産会社のプラットフォーム、自社顧客への紹介の3つの経路から営業を行います。また、岐阜県に根ざしているため、地域の関連会社と密に連絡を取ることが可能です。地域密着ならではの販売手段があるため、岐阜県の物件を売却できる可能性が高まります。
岐阜県の家を売りたい方は「GifuNavi」にお問合せください

おすすめ記事