岐阜県の不動産売買・土地・戸建て購入なら岐阜ナビ
エリア情報

岐阜県が移住先として人気な4つの理由。住むのにおすすめの地域や不動産を探す手段を紹介

「岐阜県が移住先として人気の理由を知りたい。」「住むのにおすすめの地域はどこなのかな」と考えているのではないでしょうか?岐阜県は自然が多く、名古屋へのアクセスも良好なので、地方移住先として候補地に選ばれることが多くあります。本記事では、岐阜が移住先として人気の理由とともに、住みやすい地域や不動産情報などを解説していきます。

岐阜県ってどのようなところ?

まずは、岐阜県の基本情報から見ていきましょう。

  • 人口:1,948,044人
  • 面積:10,621.29km2
  • 隣接都道府県:長野県・富山県・石川県・福井県・滋賀県・愛知県
  • 県庁所在地:岐阜県
  • 平均坪単価:18.3万円

岐阜県は本州のほぼ中央に位置します。北部に飛騨山脈、南東部には木曽山脈などの雄大な自然があり、夏はハイキング、冬はスキーなどが楽しめます。愛知県に隣接しており、岐阜駅から名古屋まではJR新快速で20分ほどで行くことが可能です。

岐阜県は名古屋へのアクセスが良い好立地にありながら、平均坪単価が18.3万円です。愛知県の平均坪単価が70万円なので、名古屋に通勤する人にとっても、マイホームを購入しやすい地域といえます。

岐阜県は地方移住先として人気!4つの理由を解説

OKをしている女性

移住相談センターの「認定NPO法人ふるさと回帰支援センター」によると、移住先として地方を検討している方は累計309万人です。また、同法人の移住を希望する都道府県に関する調査によると、岐阜県は全国8位でした。岐阜県は移住先として比較的人気といえます。
参考:ふるさと回帰支援センターが初めて移住に関する調査を実施
参考:2021年の移住相談の傾向、移住希望地ランキング公開

1. 自然の多さ

岐阜県は、自然や河川が多いことで知られています。北部には北アルプス、市内には日本三大清流の長良川などがあります。森林浴やバーベキュー、ハイキングなどを楽しめるでしょう。

市内中心部の岐阜市に住んでいたとしても、自然の多い郊外へは自動車で30分ほどで行けます。郊外に住む場合は、雄大な自然に囲まれながら暮らすことが可能ですよ。 特に飛騨市や高山市がある飛騨地域は、北アルプスの麓にあるため、自然を求めて移住する方にぴったりです。

2. 物価が安さ

総務省の消費者物価地域差指数によると、岐阜県の物価水準は全国で5番目の安さを誇ります。東京や大阪と比較して、とりわけ安いのが住居や家具・家事用品、保健医療、教育に関する費用です。

前述しましたが、土地代も愛知県と比較すると安いためマイホームも購入しやすくなります。また、移住後に必要になる家具・家電用品が安いため、移住のハードルが下がります。移住に関する初期費用を減らすことにつながるので、金銭的な余裕が生まれるでしょう。
参考:総務省|消費者物価地域差指数

3. 移住支援サービスの豊富さ

岐阜県では定期的に移住支援サービスが提供されています。例えば、令和2年度・3年度では「清流の国ぎふ移住支援補助金」を実施されました。これは、岐阜に移住する人を対象に、単身世帯には30万円、2人以上世帯には50万円を支援するサービスです。ただし、補助金を受けるには一定の条件をクリアする必要があります。岐阜県の公式サイトを確認してみてください。

また、岐阜県はマイホームの購入に関する支援サービスもあります。「令和4年度岐阜県住宅資金助成制度」では、住宅を建設・購入・増改築する際に、県が住宅ローンの金利を一部助成してくれます。マイホームを住宅ローンで購入しようと考えているなら、ぜひ利用を検討してみてください。
参考:令和4年度岐阜県住宅資金助成制度

4. 子育て支援サービスの充実さ

岐阜県には、以下のような多種多様な子育て支援サービスがあります。

岐阜市|出産祝い金

被保険者が出産したときに、出産育児一時金が世帯主に支給される制度です。妊娠12週目以降であれば、死産や流産でも補助金が出ます。産科医療補償制度に加入している医療機関で出産した場合、42万円。上記以外で出産した場合は、40.8万円も補助されます。
参考:岐阜市|出産一時金の手続き

岐阜市|子ども医療費助成制度

健康保険証等を使用して治療を受けたり、薬をもらったりしたときに自己負担分の費用を助成する制度です。岐阜市に住所があること、健康保険に加入していること、中学卒業前であることなどが助成金を受ける条件です。岐阜県には多くの子育て支援サービスがあるため、岐阜県は子育て世帯に人気の移住先と言えるでしょう。
参考:岐阜市:子ども医療費助成制度

岐阜県の移住先として人気の地域ランキング

ランキング

1. 大垣市

大垣市は、岐阜県の南西部にある第2の都市です。大垣市から岐阜市まではマイカーで40分なので比較的立地も良く、平均坪単価も20万のため岐阜市と比較すると安上がりです。加えて、大垣市が移住先として人気の理由は、子育て支援制度が充実していることが挙げられます。

大垣市は「子育て日本一」を掲げています。お子さんの預かりや送迎などの子育て支援サポートを受けられるファミリーサポート。妊娠中や出産後の体調不良により家事や育児を行えない世帯に、サポーターを派遣するエンゼルサポーターなどの制度があります。

2. 岐阜市

岐阜市は、岐阜県の中南部に位置します。名古屋までJR新快速で20分ほどの好立地のため、通勤・通学が比較的簡単にできます。岐阜駅周辺には高層マンションやスーパー、レストランなどが多くあるため、買い物もしやすいでしょう。

岐阜県の平均坪単価は26万のため、県内でもっとも高額です。そのため、他の市町村と比較すると新築物件を購入するハードルは上がります。しかし愛知で物件を購入するよりは、費用がかからないため、名古屋で仕事をしている方は、岐阜市に住むことがおすすめです。

3. 瑞穂市

瑞穂市は、岐阜市と大垣市の間にある市です。名古屋や岐阜市のベッドタウンとして知られており、名古屋駅までは26分で行けます。市内には都市公園が24ヶ所もあるため、お子さんが遊ぶのにも困らないでしょう。

瑞穂市は、平均坪単価が16.5万です。岐阜市の26万と比較すると10万ほど安いため、物件を購入しやすくなります。名古屋や岐阜市に通勤していて、できるだけ安く物件を購入したい方は、瑞穂市がぴったりです。

岐阜県で不動産を探すならミタカ不動産にご来店ください

ミタカ不動産

岐阜県に移住するなら、まずマイホームを探す必要があります。しかし、数多くの不動産会社があるため、どれに依頼をするか迷うでしょう。岐阜県の不動産を探している方は、ぜひミタカ不動産にご来店ください。

ミタカ不動産は岐阜県に特化した不動産会社です。ミタカ不動産にご来店いただくと、当社が所有している非公開物件をご案内できます。当社が運営する不動産検索ポータルサイト「GifuNavi」で、ご希望の不動産が見つからない方は、ぜひ店舗にご来店ください。

媒体不動産取扱件数
GifuNavi約2,300件
店舗5,000件以上

ぜひ、こちらから「来店予約」をして、ご来店ください。不動産のプロがお客様にご要望に沿った物件をご案内いたします。

岐阜県の移住先として人気な理由 まとめ

岐阜県が移住先として人気の理由は、雄大な自然があることや移住・子育て支援が充実していることなどが挙げられます。市町村が提示する条件をクリアすることで、補助金をもらえることもあるため、お子さんがいる家族も住みやすいでしょう。

さらに岐阜県は、名古屋まで20分ほどなのでアクセスが良好です。名古屋へ仕事をしに行く方でも、通勤に時間がかかりません。平均坪単価も愛知県に比べて安価なので、安く物件を購入できますよ。

そこで最適なのが、GifuNaviです。GifuNaviは地図から物件を調べられるため、自然が多いエリアや学校までの距離などを見て物件を選択できます。あなたにあった物件がきっと見つかることでしょう。

おすすめ記事