岐阜県の不動産売買・土地・戸建て購入なら岐阜ナビ
ミタカ不動産

岐阜県で不動産を売却する方へ!業者が選ぶ岐阜県のおすすめ不動産会社を5社紹介

岐阜県で不動産の売却を検討している方は、どの不動産会社を利用すればよいのか悩んでいるのではないでしょうか?不動産会社は、大きく「大手」と「地域密着型」の2種類に分かれます。このうち、おすすめなのは地域密着型です。

地域密着型は現地の土地勘に優れており、関連会社との太いパイプもあるため、強い営業力があるといえるでしょう。本記事では、岐阜県に限定して不動産売却にぴったりの不動産会社と売却の基礎知識を解説します。

岐阜で不動産売却をするのにおすすめの不動産会社

1. ミタカ不動産

ミタカ不動産は、岐阜県に30年以上根付いている岐阜県羽島郡に本店を置いている不動産会社です。岐阜県の不動産検索ポータルサイト「GifuNavi」を運営しており、買主は地図から不動産を探せます。売却においては、SUUMOやat home、GifuNaviなどのメディアに不動産を掲載して販売促進をすることが可能です。Webを利用した高い集客力により年間200件以上の成約実績を誇ります。さらに、土地の測量やリフォーム、解体、造成などを自社や協力会社で実施するため、売却コストを下げられます。その結果、売主の利益を多く残すことが可能です。
不動産売却ならミタカ不動産へお問合せください

2. うかい不動産

うかい不動産は、岐阜県岐阜市に本社を置く不動産会社です。主に岐阜県の戸建住宅やマンションの買取・仲介・販売を行っています。店舗は岐阜県内に3店舗、名古屋市に1店舗あります。査定はホームページの申し込みフォームを記入するだけなので、非常にお手軽。メールか電話で確認後、1週間以内に査定書を作成してくれるためスムーズです。不動産売却時の査定額には根拠を提示してくれますし、住宅ローンや税金などのお悩みも丁寧に説明してくれます。お客様からの評価が高く、口コミには「電話やメールで細かな対応をしていただきよかった」との声もありました。(参考:うかい不動産)

3. 美濃善不動産

美濃善不動産は、岐阜県岐阜市に本社を置く不動産会社です。店舗は岐阜市内に5店舗。事業としては不動産の売買・賃貸・管理・建築などを実施しています。ホームページには、目的に応じた不動産の活用法が掲載されているため、一度見て見てみるとよいでしょう。売却としては土地や戸建の他、事務所や倉庫、一棟マンションなどに対応しています。また、アパートや駐車場、貸家などの収益不動産の管理も実施。クレーム対応や空室対策を代行してくれるため、これから不動産に投資をしたい方に最適な不動産会社といえるでしょう。

4. 栄楽不動産

栄楽不動産は、岐阜県の新築戸建や中古戸建、土地を取り扱う不動産会社です。不動産の売却や住宅ローン・相続相談などを実施しています。パソコンから簡単に査定できますし、相談や査定、広告に費用はかかりません。売却の相談では、不動産の買い換えや相続、債務整理など売却理由によって最適なプランを提案してもらえますよ。また、不動産投資家向けに収益物件の情報を提供しているため、不動産オーナーにとっては、ぴったりな不動産会社のひとつです。なお、栄楽不動産の店舗へ行く場合は予約が必須です。

5. 大日不動産

大日不動産は、岐阜県と長野市北部で土地・物件の売買仲介と買取販売をしている不動産会社です。岐阜県の得意なエリアとしては、岐阜市や各務原市、大垣市、本巣市、関市などが挙げられます。一般住宅の他、店舗や駐車場、倉庫、貸工場などの売却や買取に対応しています。とくに得意な分野としては、債務整理を伴う任意売却や相続など権利関係が複雑な案件です。トラブルを伴う不動産の売却の場合は、大日不動産に依頼してみてもよいでしょう。

岐阜県で不動産売却をする方に伝えたい基礎知識

不動産売却には買取と仲介がある

不動産売却には買取と仲介の2種類があります。買取は不動産を不動産会社に直接買い取ってもらう方式です。高値での売却は難しいですが、売却までの期間が短いことが特徴です。仲介は不動産会社に依頼して個人の買主を見つけるため、売却までに時間を要します。

ただし、売主が不動産の売出価格を決められるため、高値で売却できる可能性があります。売却スケジュールに余裕のある方は仲介。早急に売却したい方は、買取にするとよいでしょう。

不動産仲介には仲介手数料がかかる

不動産仲介では、不動産会社に仲介手数料を支払う必要があります。契約締結時に半額、残金決済・引き渡し時に残りを支払うのが一般的です。仲介手数料は、宅地建物取引業法により金額の上限が定められています。

たとえば、売買価格が1,000万円の物件の仲介手数料は、1,000万円×3%+ 60,000円(+消費税10%)なので396,000円までとなります。法律によって仲介手数料の上限が定められているため、法外な金額を要求されても支払う必要はありません。

媒介契約は3種類ある

媒介契約には、一般媒介契約と専任媒介契約、専属専任媒介契約の3種類があります。それぞれの特徴は、以下の通りです。

上記のうち、おすすめなのが専任媒介契約です。専任媒介契約は、1社のみと契約する形態のため、不動産会社は成約させると仲介手数料を必ず受け取れます。不動産会社は積極的に販売活動ができるでしょう。また、売主は自己発見取引ができるため、自己で買主を見つけることが可能です。

不動産の売却期間は3ヶ月〜6ヶ月が平均

一般的に不動産の売却にかかる平均期間は3ヶ月〜6ヶ月とされています。

  • 相談〜販売活動を開始:2週間〜1ヶ月
  • 販売活動:3ヶ月〜6ヶ月
  • 契約締結〜引き渡し:約2週間〜1ヶ月

ただし、不動産の売出価格が適正価格でないと、半年以上売却できないでしょう。売却期間が長引く場合は、不動産会社と相談して徐々に価格改変をする必要があります。

不動産売却後は確定申告をする必要がある

不動産売却後、譲渡益が発生した場合は、翌年に確定申告をしましょう。譲渡益とは、不動産の購入価格と売却価格の差によって得た利益のことです。利益が発生すると、譲渡所得として納税しましょう。

譲渡所得には、長期譲渡所得と短期譲渡所得があり、それぞれ譲渡所得税の計算方法が異なります。

参考:国税庁|No.1440 譲渡所得(土地や建物を譲渡したとき)

岐阜県の不動産売却ならミタカ不動産にお任せください

岐阜県で不動産を売却するならミタカ不動産にお任せください。ミタカ不動産は岐阜県に根付いて30年以上の不動産会社です。岐阜県に限定して不動産の売却をしているため、以下のような強みがあります。

  • 関連会社と密に連携が取れる
  • 地元のお客様が自社に相談に訪れる
  • 古くても、駅から遠くても販売できる
  • 管理コストが下がり、販売に注力できる

上記の他、岐阜県に限定した自社ポータルサイト「GifuNavi」や他社メディアで不動産を掲載しているため、Web集客が可能です。さらに、ミタカ不動産では査定時に全金額を明示する明朗会計を実施しています。金銭トラブルがないため、安心して不動産を売却できます。岐阜県の不動産を売ろうとしている方は、ぜひミタカ不動産にお問合せください。
ミタカ不動産へのお問合せはGifuNaviから

おすすめ記事