岐阜県の不動産売買・土地・戸建て購入なら岐阜ナビ
ミタカ不動産

不動産買取とは?買取のメリット・デメリットや仲介との違いを岐阜県の不動産会社が解説

「不動産買取ってどのような仕組みなのかな?」「買取のメリット・デメリットは?」と考えている方が多いのではないでしょうか。買取とは、物件を不動産会社に買い取ってもらうことです。買取は個人の買主を探す必要がないので現金化が早いです。ただし、現金化が早いという理由だけで買取を依頼すると、仲介であれば得られる売却益を失う恐れがあるでしょう。そのため、事前に買取の特徴を把握することが重要です。本記事では、不動産買取の種類や流れ、メリット・デメリットを解説します。

不動産買取とは?

不動産買取とは、その名の通り不動産会社に物件を買い取ってもらうことです。売主は不動産会社と売却価格や引き渡し時期などを交渉します。条件がまとまると売買契約に進み、決済と引き渡しが行われます。不動産会社は集客や販売活動を実施する必要がないため、相談〜引き渡しまでを円滑に行うことが可能です。

不動産買取は2種類ある

即時買取

即時買取とは、売却条件の交渉がまとまり次第、物件を買い取ってもらえる制度です。通常、1週間ほど、遅くとも1ヶ月ほどで不動産を買い取ってもらえます。早急に現金が必要な人に最適です。ただし、売却価格は市場相場よりも2〜3割ほど安くなることに留意しましょう。

買取保証

買取保証とは、まずは仲介を実施してもらい、契約期間内に物件を売却できなければ、不動産会社に買い取ってもらう制度のことです。仲介の活動期間は3ヶ月ほどが一般的とされています。なお、仲介には仲介手数料がかかります。一方、買取だと仲介手数料を支払う義務はありません。ただし、売却価格は仲介に比べて安くなるでしょう。

不動産買取と仲介の違い

不動産買取と仲介の違いは、以下の通りです。

不動産の売却を急いでいない方は、仲介を依頼すると高値で売れます。一方、早急に売りたい方は、買取を選ぶとよいでしょう。また、買取は買主が不動産会社なので売却後のトラブルも少ないです。仲介だと売却した物件に欠陥が見つかった場合、売主が補償をしなければならないので注意が必要です。

不動産買取の流れ

不動産買取の流れは、以下の通りです。

  1. 不動産会社に売却を相談
  2. 不動産の調査・査定
  3. 売却条件の確認
  4. 売買契約の締結
  5. 決済・引き渡し
  6. 確定申告

買取は仲介と異なり販売活動がありません。そのため、売却スピードが仲介と比較して早くなります。

不動産買取の相場

不動産買取の相場は、物件によって異なります。ただし、一般的に不動産仲介の7割ほどが相場と言われています。不動産会社が買取の仲介業者やフランチャイズを挟んでいる場合、さらに相場が低くなる可能性があるでしょう。なお、岐阜県に特化したミタカ不動産は、買取の仲介業者やフランチャイルズを挟まず、直接買取をしています。そのため、売却価格を高く設定しやすいです。
不動産売却ならミタカ不動産にご連絡ください

不動産買取の5つのメリット

現金化が早い

不動産買取を依頼すると、早ければ数日、遅くても1ヶ月ほどで現金化ができます。仲介は個人の買主を探す必要があるので、現金化するには3ヶ月〜6ヶ月ほど要します。ただし、売却価格が市場よりあまりにも高いと、6ヶ月経っても売れないでしょう。買取は仲介よりも現金化が早いため、一刻も早くお金が必要な方にぴったりな手段です。

仲介手数料がかからない

買取は仲介手数料がかかりません。買取は不動産会社が物件を買い取り、リフォームして販売する仕組みだからです。仲介手数料は、仲介を依頼して個人の買主に物件を売却できたときに発生します。売主は、売却にかかる出費を抑えられます。ただし、売主の利益としては買取より仲介のほうが高値になる可能性があることに留意しましょう。

周囲に知られることなく売却できる

買取は周囲にバレることなく不動産を売却しやすいです。買取は、仲介のように不動産情報サイトやチラシに物件情報を掲載して集客をする必要がありません。仮に不動産仲介を依頼すると、売却情報が公になるため、近隣住民に知られる可能性があるでしょう。買取は、物件の売却を周囲に噂されたくない方や、周囲に知られたくない方におすすめの手段です。

契約不適合責任が免責されることがある

買取は、契約不適合責任が免責されます。契約不適合責任とは、売却後の不動産に契約上合意していない欠陥が見つかった場合、売主が責任を負担する制度です。たとえば、契約書に雨漏れと記載していないにもかかわらず、雨漏れがあった場合、売主が修繕費を支払う必要があります。買取は、買主が不動産会社になるため、契約不適合責任を免責として契約するのが一般的です。

複数回の内覧に対応する必要がない

買取では内覧に対応する必要がありません。内覧は、仲介で見つけた購入希望者が物件を見学することを指します。売主が売却物件に住んでいる場合、内覧のたびに清掃をするのは手間がかかりますよね。買取は、不動産会社が物件を買い取るため、購入希望者がいません。そのため、仲介に比べて手間をかけずに物件を売却できます。

不動産買取の2つのデメリット

市場価格で売却するのが難しい

買取を利用すると、物件を市場価格で売るのが困難です。市場価格だと不動産会社の利益が少なくなるからです。不動産会社は物件の買取後、再販する必要があります。物件を売るには、リフォームやリノベーション、販売活動をしたりしなければなりません。市場価格で物件を売ると、不動産会社の利益が少なくなるでしょう。不動産会社は修繕や営業をしても、利益が出る価格で買取します。

物件によっては買取できない

売却する物件の状態があまりにも悪い場合は、買取を断られる可能性があります。不動産会社が赤字になるのを回避しようとするからです。不動産会社は、買い取った物件を直して再販します。大掛かりなリフォーム・リノベーションで多額の経費を要すると、利益が見込めないでしょう。築年数の経過している物件で、買い取ってもらえるか心配な方は、査定段階で複数社に依頼するとよいでしょう。

不動産買取に関する3つのQ&A

不動産買取にかかる諸費用は?

不動産買取にかかる諸費用は、主に以下が挙げられます。

  • 印紙税:5,000円〜20,000円
  • 譲渡所得税:所有年数により異なる
  • 抵当権抹消登記費用:15,000円〜18,000円
  • 引越し費用:50,000万〜150,000万

譲渡所得税は物件を所有していた年数により異なります。物件に住んでいた期間が5年以下の場合、税率は39.63%。5年超だと20.315%かかります。

何が査定の対象になりますか?

戸建の査定の対象は、土地と建物の項目に分けられます。

土地の査定対象は以下の通り。

  • 土地の面積
  • 土地の形状
  • 前面道路の幅
  • 間口と奥行きの長さ
  • 周辺施設
  • 最寄駅からの距離

建物は以下が査定されます。

  • 築年数
  • 間取り
  • 眺望

当然ながら土地の形状がよく、駅からも近い築浅の物件ならば査定額は高くなるでしょう。一方、築年数が経過しており立地もよくない物件なら査定は低くなります。査定の際は、固定資産税・評価の記載された書類や測量図、登記簿謄本などがあると円滑に進みます。

不動産買取に向いている物件は?

不動産買取に向いている物件は、以下とされています。

  • 整形地でない物件
  • 立地がよくない物件
  • 周辺環境がよくない物件
  • 築年数が古い物件

仲介が難しい物件は、買取がよいでしょう。たとえば、駅から車で30分、築年数40年の物件を個人の買主に売却するのは難しいですよね。個人の買主が求める条件のよい物件が他に多くあるためです。条件の悪い物件を所有している方は、買取を依頼するのをおすすめします。

岐阜県の不動産の買取ならミタカ不動産がおすすめ

買取を依頼すると、数日〜1週間、長くても1ヶ月ほどで物件を売却できます。一刻も早く現金を受け取りたい人に最適でしょう。ただし、買取は仲介と比較して売却価格が7割ほどになるのが一般的です。不動産会社が買取の仲介会社やフランチャイズを挟んでいると、さらに安くなることも考えられます。

なお、岐阜県のミタカ不動産は、物件の直接買取を実施しています。中抜きがないため売却価格が高くなりやすいのが特徴です。岐阜県で直接買取ができる不動産会社は多くないため、買取を検討している方は、ぜひ「GifuNavi」よりご連絡ください。
不動産売却ならミタカ不動産にご連絡ください

おすすめ記事