岐阜県の不動産売買・土地・戸建て購入なら岐阜ナビ
不動産豆知識

土地選びの優先順位の決め方は?重要となる5つのポイントを解説

「商業施設や学校へのアクセス、家の間取り。土地選びではどのように優先順位を付ければいいのだろう…」と悩んでいませんか?土地選びでは、100%理想の土地が見つかることは滅多にありません。そのため、土地の条件の優先順位を付けることが大切です。

将来のライフスタイルをイメージし、何を優先するかを決めないと、生活してから「思ったより暮らしにくいな…」と後悔するでしょう。本記事では、岐阜県の不動産を取り扱う「ミタカ不動産」が、土地選びの優先順位で重要となる5つのポイントを解説します。

なお、記事の後半に土地選びで失敗しないためのチェックリストをまとめています。土地を選ぶ際には、ぜひチェックリストをご活用ください。
土地選びならミタカ不動産にご来店ください

土地選びの優先順位の決め方

土地選びの優先順位の決め方は、以下の5STEPです。

  1. 100点の土地はなかなか見つからないことを理解する
  2. どのような暮らしをしたいのかイメージする
  3. 生活に重要な要素を洗い出して点数化する
  4. 要素を土地に当てはめ、点数が全体の70%以上なら候補にする
  5. 土地を実際に確認し、問題がなければ購入する

大前提として、100%希望通りの土地は、滅多に見つからないことを理解しましょう。希望に近い土地を見つけるためには、生活に重要な要素を洗い出し、それぞれ点数化します。点数が全体の70%を越えている土地を候補にするとよいでしょう。最後に現地に足を運びます。土地の地盤や隣地との高低差などに問題がなければ購入してください。

土地選びで重要視される5つのポイントの優先順位

優先順位を決める際には、どのような要素を重要視すればよいのか悩みませんか?本章では土地選びで重要視される5つのポイントを紹介します。内容は以下の通りです。

  1. 交通の利便性(最寄り駅までの近さ、渋滞の少なさ)
  2. 周囲の商業施設(スーパーマーケットやコンビニエンスストアの近さ)
  3. 子育て環境(学校や幼稚園までの近さ、子育て世代の多さ)
  4. 周囲の安全性(交通量の多さ、街灯の多さ)
  5. 自然環境(公園までの近さ、日当たり・風通しのよさ)

それぞれ順番に解説していきます。

1. 交通の利便性

交通の利便性を優先すると、毎日の通勤・通学時間を短縮できます。学校や職場、最寄り駅に近いことはもちろん、路線や道路が混雑していないことも重要です。また、積雪量の多い地域では、雪が積もりにくいかどうかも考慮しましょう。

通勤時間が30分短くなると、起床時間が30分遅くなりますし、家族との時間も増えます。プライベートを大切にしたい方は、交通の利便性の優先度が高めになるでしょう。ただし、在宅ワークの場合は、通勤がないため優先順位が下がります。

2. 周囲の商業施設

コンビニやスーパーマーケット、ショッピングモールなど、生活に必要な施設が近くにあるかも土地を決める上で大切です。具体的には、以下の要素を確認してください。

  • 商業施設へ行きやすいか
  • 営業時間はライフスタイルに合っているか
  • 価格帯や品揃えは豊富か

自動車で移動する場合は、商業施設まで運転しやすいか、駐車場の数は多いかなどの点も優先順位を決める上で重要な要素です。買い物の頻度が多い方にとっては、商業施設への距離は優先度が高めになるでしょう。

3. 子育て環境

お子さんのいる家庭ならば、子育て環境は優先しておきたいポイントです。以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 公園が近くにあるか
  • 保育園が近くにあるか
  • 小学校・中学校が近くにあるか
  • 小児科のある病院は近くにあるか

ご自宅と学校までの距離が近いと、お子さんの登下校が楽になります。また、公園が近いと、お子さんを遊ばせやすくなります。ただし、お子さんのいない家庭の場合、育児環境の優先順位は下がるでしょう。

4. 周囲の安全性

周囲の安全性は、優先度が比較的高めになる要素です。土地を選ぶ際は、以下を確認してください。

  • 通学路のガードレールの有無
  • 通学路の歩道の有無
  • 街灯の量
  • 警察署への距離

また、危険な要素のチェックも必要です。災害に巻き込まれやすい立地でないか、交通量の多い道路に面していないかなどを確認しておくと、災害による倒壊や交通事故などから身を守ります。

5. 自然環境

お子さんがいる方や緑に囲まれて暮らしたい方は、自然環境が気になるでしょう。自然環境の優先度を決めるときは、以下のポイントを押さえてください。

  • 都市公園への近さ
  • 日当たり・風通しのよさ
  • 建築物の少なさ

建築物の少ない地域は、都心ではなく郊外に多くあります。郊外に住宅を構えると、都心部へのアクセスが不便になったり、周囲に商業施設が少なかったりするでしょう。利便性が悪くなる可能性があることを考慮する必要があります。

買わないほうがいい土地の特徴3選

土地選びで重要となるポイントを5つ紹介しました。では、買わないほうがいい土地も知りたいのではないでしょうか?ここでは、土地選びで後悔しないために、買わないほうがいい土地の特徴3選を解説します。

  1. 災害リスクの高い土地
  2. 形状がいびつな土地
  3. 境界線が曖昧な土地

それぞれ見ていきましょう。

1. 災害リスクの高い土地

災害リスクの高い土地を購入すべきではありません。河川の氾濫による浸水や、地震による倒壊・液状化などの被害にあう可能性が高いためです。災害リスクの高い土地としては、以下が挙げられます。

  • 河川沿いの土地
  • 斜面に盛土をした造成地
  • 急傾斜地にある土地
  • 沼や池、河川を埋め立てた土地

災害の影響を受けやすい地域は、ハザードマップや古地図で確認できます。古地図は国土交通省のWebサイトや図書館で閲覧可能です。古地図で「沼」や「池」など、水に関する地名が使われている地域は、水害や液状化の被害を受けやすい土地の可能性があります。

2. 形状がいびつな土地

形状がいびつな土地では、家を建てられない可能性があります。たとえば、建築基準法には、接道義務が定められています。これは、建物を建てる土地は幅員4m以上の道路に2m以上接していなければならないというルールです。

道路に面した路地が縦に長く、路地の奥に敷地がある旗竿地では、接道義務を満たしていないケースがあります。正方形や長方形以下の土地は、なるべく選ばないようにしましょう。

3. 境界線が曖昧な土地

隣地との境界線が曖昧な場合、敷地面積をめぐり隣家とトラブルになる恐れがあります。古い土地の所有者同士では、正式な手続きを踏まず「なんとなく」で境界線を決めているケースがよくあります。

上記の場合、隣家の建物や配管などが侵入してくる可能性があるでしょう。土地の境界線が曖昧な土地を買わないのがポイントです。境界線が不明確な土地を購入するならば、不動産会社に依頼して測量をしてください。

土地を決められないときの対処法

土地の条件の優先順位を付けて、いくつかピックアップできても、ひとつに絞りきれないと悩みませんか。そこで土地を決められないときの対処法を2つ紹介します。

  1. 地域密着型の不動産会社に相談する
  2. 風水を意識して土地を選ぶ

なお、おすすめは地域密着型の不動産会社に相談することです。本章ではその理由も解説します。

1. 地域密着型の不動産会社に相談する

土地を決めきれない場合は、地域密着型の不動産会社に相談するとよいでしょう。地域密着型の不動産会社は地域の地理に詳しいため、あなたの要望を聞いた上でぴったりの土地をご提案することが可能です。

また、不動産会社はWEBサイトに掲載していない非公開物件を多数所有しています。土地を決められない場合は、新たな土地を案内してもらえる可能性があります。

なお、ミタカ不動産は岐阜県に特化した不動産会社です。店舗にご来店いただくと、約5,000件の不動産からあなたにぴったりの土地をご案内いたします。ぜひ、この機会にミタカ不動産にご相談ください。
ミタカ不動産への来店予約はコチラ

2. 風水を意識して土地を選ぶ

土地をどうしても決められない場合は、風水を意識して選ぶのもひとつの手段です。住むと運気が上がる土地は「四神相応の地」です。土地の東西南北それぞれに、以下のものがある土地を指します。

  • 北:山・丘
  • 東:河川
  • 南:海・湖・池
  • 西:大道

これは東西南北それぞれを「玄武(北)」「朱雀(南)」「白虎(西)」「青竜(東)」が保護しているとされるためです。土地を決められない方は、ぜひ風水を参考にしてみてください。

土地選びで失敗しないためのチェックリスト

本記事の内容をチェックリストとして記載します。土地を選ぶときに、確認用としてご活用ください。

交通の利便性学校は近いですか?
職場は近いですか?
最寄り駅は近いですか?
道路は混雑していませんか?
電車は混雑していないですか?
積雪量は多くないですか?
周囲の商業施設商業施設は近くにありますか?
営業時間はライフスタイルに合っていますか?
価格や品揃えは豊富ですか?
子育て環境公園が近くにありますか?
保育園は近くにありますか?
小学校・中学校は近いですか?
小児科のある病院は近いですか?
周囲の安全性通学路にガードレールはありますか?
通学路に歩道はありますか?
街灯の量は多いですか?
警察署は近いですか?
自然環境土地公園は近いですか?
日当たり・風通しはよいですか?
周囲の建築物は少ないですか?
災害リスク河川沿いの土地ではないですか?
斜面に盛土をした造成地ではないですか?
急傾斜地にある土地ではないですか?
沼や池、河川を埋め立てた土地ではないですか?
土地の形状正方形または長方形ですか?
接道義務を満たしていますか?
隣家との境界線境界線は明確ですか?

土地選びのFAQ

土地選びに関する疑問に回答します。

  1. 土地と建物どちらを重視すればいいの?
  2. 土地を探すときは何を見るべき?
  3. 新興住宅地でトラブルは多い?

1. 土地と建物どちらを重視すればいいの?

土地と建物どちらを重視するかは、個人の価値観により異なります。土地を重視すると職場や学校に近く、周辺環境のよいエリアに住めるため、移動時間が短くなったり安全性を確保できたりするでしょう。

一方、建物を重視すると理想の間取りの物件に住めますし、最新の設備を備え付けることが可能です。将来の暮らしをイメージして、よりよい生活ができるほうに投資をしてください。

2. 土地を探すときは何を見るべき?

立地や土地価格、土地面積などを基準に探してみてください。立地のよさは生活の質に関わります。土地価格が予算内でないと物件を建てられませんし、土地面積を重視しないと理想の間取りにならないため小さな家になるでしょう。

不動産会社のWEBサイトの検索画面で、上記の条件を設定すると効率的に土地を探せます。なお、岐阜県の土地を探す場合は、ミタカ不動産が運営する不動産ポータルサイト「GifuNavi」をご利用ください。

3. 新興住宅地でトラブルは多い?

新興住宅地でのトラブルの多さは、エリアごとに異なるため、一概にはいえません。

ただし、一般的にママ友付き合いやお子さん同士の喧嘩、騒音問題などのトラブルは考えられます。

上記のトラブルを避けるためには、現地に足を運んで判断することが大切です。

岐阜県の土地選びでお悩みの方はミタカ不動産にご来店ください

土地選びにおいて、100%希望通りの土地は滅多に見つかりません。土地選びでは、何を優先するかを洗い出して、点数化することが重要です。条件を70%ほど満たす土地をピックアップしましょう。その後、候補から土地を購入するとよいでしょう。土地をどうしても決められない場合は、地域密着型の不動産会社に相談してください。

岐阜県の不動産会社に相談する場合は、ミタカ不動産にご来店いただくのがおすすめです。岐阜県最大級の不動産取扱件数(5,000件以上)を誇るので、ご来店いただくとあなたにぴったりの土地をご案内できます。以下から「来店予約」ができますので、ぜひこの機会にミタカ不動産にご相談ください。
ミタカ不動産の来店予約はコチラ

土地購入の流れ、注意点、諸費用を知りたい方は、コチラをご覧ください。

おすすめ記事