岐阜県の不動産売買・土地・戸建て購入なら岐阜ナビ

収益物件とは、毎月一定の収入を得られる物件を指します。継続的に安定した収入を得られると、金銭的な余裕が生まれるでしょう。ただし、空室をなくし着実に収益を上げるためには、適切な不動産選びや管理体制をつくることが大切です。本記事では収益物件を探す方法や、不動産を選ぶポイントを解説します。

収益物件の種類

収益物件の種類は、主に住居・事務所・テナントの3種類です。

住居

住居用の不動産としては、マンションやアパートなどがあります。単身者向けのワンルームマンションやアパート、家族向けのファミリーマンションなどを購入し、運用するのが一般的です。住居は物件数が多いため見つけやすいですし、価格も手頃なものが大半を占めます。

事務所

企業のオフィスを収益物件として運用することが可能です。法人が借主となる場合、住居と比べて賃貸期間が長くなりやすい特徴があります。このため、長期的な収益を見込めます。ただし、入居者の母数は住居より少ないため、借主を見つけるまでに時間を要するでしょう。

テナント

テナントとは、飲食店や小売店、アパレルショップなどの商業施設を指します。テナントは、事業用として使用される場合がほとんどなので、人通りのよいテナントに借主が集まる傾向にあります。売上が立つ場合は、長期で利用してもらえる可能性が高いでしょう。

岐阜県で収益物件を選ぶポイント

岐阜県で収益物件を選ぶポイントは、以下の4つです。

  • 利便性に優れているか
  • 将来的に価値が高まる物件か
  • 部屋の間取り・設備はよいか
  • 管理はされているか

それぞれ見ていきましょう。

利便性に優れているか

不動産の利便性が優れているかは、物件の入居率に関わる重要なポイントです。たとえば、駅まで徒歩20分かかる物件より、徒歩10分圏内に駅のある物件のほうが入居者は集まりやすくなります。ポイントとしては、徒歩10分圏内に駅やコンビニ、スーパーなどがあることを基準にするとよいでしょう。お子さんのいる家族向けに不動産投資をするならば、学校までの距離を意識してください。

将来的に価値が高まる物件か

不動産売却を前提として投資をするならば、将来的に価値が高まる物件かどうかもチェックしておきましょう。たとえば、物件の周囲に大きな商業施設や駅が建設される計画があるならば、不動産の需要が高まり価値が高騰する可能性があります。岐阜県の場合、2027年にリニアが開通します。リニア開通により価値が上がるエリアにある不動産に投資するとよいでしょう。

部屋の間取り・設備はよいか

賃貸物件を借りるときは、部屋の間取り・設備も重要視されます。トイレとお風呂が同じ場所に設置されているより、それぞれ独立しているほうが人気ですし、オートロックが完備されているほうが安心できます。ポイントとしては、1K以上の物件で洗面所とトイレ、お風呂が独立している3点セパレートタイプ、オートロックや防犯カメラが付いている物件がよいでしょう。

管理はされているか

エントランスや共用エリアをチェックしましょう。共用エリアがしっかり清掃されていれば、管理が行き届いている証明になります。共用エリアにゴミが落ちていたり、落書きがあったりする場合、管理が行われていないだけでなく、他の住民の質がよくない可能性があります。投資する不動産としては適さないでしょう。

岐阜県で不動産を探すならミタカ不動産にご相談ください

岐阜県で不動産投資をする場合、以下の要素をチェックしましょう。

  • 利便性
  • 将来的な価値の高さ
  • 間取り・設備
  • 管理の有無

空室になりにくい要素としては、物件から徒歩10分圏内に駅や大型商業施設があるのかなどを意識してください。資産価値が高まりやすいエリアにある不動産に投資すると、売却で収益を得られる可能性があります。岐阜県の不動産に投資をする場合、ぜひミタカ不動産が運営するGifuNaviをご覧ください。

GifuNaviは岐阜県に特化した不動産ポータルサイトです。地図から不動産を選べるため駅や商業施設、公共施設までの距離を確認しやすいです。無料の会員登録をすると不動産投資についてプロにオンライン相談ができたり、希望の物件を知らせてくれるマッチングシステムを利用できたりします。岐阜県で不動産投資を検討している方は、ぜひGifuNaviをご覧ください。

おすすめ記事