岐阜県の不動産売買・土地・戸建て購入なら岐阜ナビ
ミタカ不動産

不動産仲介の基礎知識!仕事内容や手続きの流れを岐阜県の不動産会社が解説

「不動産仲介の仕事内容は?」「不動産仲介を依頼するメリットは?」と考えている方が多いのではないでしょうか。不動産仲介とは、売主と買主の間に立ち、売買の手続きをサポートする仕事です。仲介を依頼すると買主を探す手間が省けるため、販売活動が楽になるでしょう。ただし、不動産会社への依頼前に仲介の仕事内容を把握しないと、売却時期が遅れることにつながります。本記事では不動産仲介の仕事内容やメリット・デメリット、注意点などを紹介します。

不動産仲介の仕事内容とは

不動産仲介とは、不動産を購入したい人を見つけたあと、売主と買主の関係を取り持ち、売買をサポートする仕事です。仲介には「売買仲介」と「賃貸仲介」があります。不動産を売却するときは、売買仲介を依頼します。仕事内容は主に以下の通りです。

仲介業者は、売買に関わる業務を代行し、手続きを円滑に進めます。依頼主は売買手続きの代行の報酬として、仲介業者に仲介手数料を支払います。

不動産仲介の流れ

不動産仲介で売却の相談をしてから引き渡すまでの流れは、以下の7ステップです。

  1. 売却の相談をする
  2. 不動産を査定してもらう
  3. 売出価格を設定する
  4. 媒介契約を締結する
  5. 販売活動をしてもらう
  6. 売主・買主で契約を締結
  7. 決済・引き渡しを行う

売却の相談・査定では、不動産会社のスタッフが現地で物件状況を調査します。このとき売却希望価格や売却時期などを相談するとよいでしょう。なお、岐阜県の「ミタカ不動産」では、売主の要望に合わせて3つのプランから最適な販売計画を提案します。

  • スピードプラン:比較的短期間で現金化が可能
  • ベーシックプラン:値段と早さのバランスがよい
  • チャレンジプラン:とにかく高値で売ることが目的

不動産仲介のメリット

取引を代行してもらえる

不動産仲介を依頼すると、取引を代行してもらえます。売却時には、買主と売却条件を交渉したり、契約書を作成したりします。仲介をしないと売買業務を売主自身で行う必要があるため、売却が遅れたり、高値で売れなかったりするでしょう。たとえば、個人取引で友人や知人に不動産を売却する場合、値切りに応じなければならない可能性が考えられます。不動産会社に仲介を依頼すると、売主に代わって買主からの要求に対応してくれるので、取引が楽になります。

買取より高値で売却しやすい

不動産の売却には買取と仲介があります。このうち、高値で売りやすいのは仲介です。買取は、不動産会社に物件を直接買い取ってもらうので、査定額で売却します。一方、仲介は売主が不動産の売出価格を決め、その価格で購入してくれる買主を探すシステムです。査定額以上の値段を設定できるため、高く売却できます。ただし、設定価格で買主が見つからない場合は、価格を下げる必要があることに留意しましょう。

不動産仲介のデメリット

売却までに時間がかかる

不動産仲介は、買取と比較して売却までに時間を要します。仲介は不動産の購入を検討している個人を見つけて売却するシステムです。買主が見つからないと不動産を売れません。不動産仲介の売却期間は、3ヶ月〜6ヶ月とされています。ただし、売出価格が高すぎる場合は、売却までに6ヶ月以上を要するでしょう。早急に現金を得る必要がある方は、買取を依頼するか安価で売り出すのを検討してください。

仲介手数料を支払う必要がある

不動産仲介を依頼すると、仲介手数料を支払う必要があります。仲介手数料は、契約締結時に半額、引き渡し完了時に残り半額を支払うのが一般的です。仲介手数料は、宅地建物取引業法により上限が定められています。

たとえば、売却価格が300万円だと、計算は300万円×4%+20,000円(+14,000円)なので、154,000円支払う必要があります。

不動産仲介会社の決め方

不動産売却に強い仲介会社を決めるときは、以下の5つをチェックしてください。

  • 地域密着型かどうか
  • Web集客をしているかどうか
  • 販売実績が豊富かどうか
  • 関連業務を自社でしているかどうか
  • 親身な担当者がいるかどうか

地域密着型の不動産仲介会社は、地元の地理に詳しいので強い訴求・営業ができますし、店舗にくる買主に直営業も可能です。また、自社・他社メディアでWeb集客をしていると、物件情報をより広範囲に拡散できます。結果、不動産を高く・早く売ることにつながるでしょう。

岐阜県にある不動産の仲介会社一覧

岐阜県にある仲介会社は、主に以下の5社がよく知られています。

  • ミタカ不動産
  • うかい不動産
  • 美濃善不動産
  • 栄楽不動産
  • 大日不動産

上記のうち、おすすめなのがミタカ不動産です。ミタカ不動産は、不動産情報サイト「GifuNavi」を運営しており、買主は地図から不動産を探せます。岐阜県最大級の不動産情報サイトなので、圧倒的な集客力を誇りますよ。不動産をできるだけ早く売りたい方に、ミタカ不動産はおすすめです。

不動産仲介の注意点

不動産仲介を依頼するときは、囲い込みに注意しましょう。囲い込みとは、不動産会社が自社で買主を見つけるまで物件を仲介しない行為です。囲い込みは、不動産会社が売主と買主の双方から仲介手数料を得るために行われます。仲介手数料には、依頼主のみから受け取る「片手仲介」と双方から受け取る「両手仲介」があります。片手仲介だと利益が減るため、不動産会社は他社からの案内を断ってでも、自社で買主を見つけ両手仲介を狙うのです。結果、売却時期が遅れることにつながるでしょう。

まとめ

不動産仲介は、売主と買主の間を取り持ち、売買のサポートをする仕事です。不動産会社に仲介を依頼すると、売却の手続きを代行してくれますし、買取と比較して物件を高値で売却することも可能です。ただし、仲介は個人の買主を見つける必要があるため、売却までには3ヶ月〜半年ほど要するでしょう。不動産の売却期間が長すぎるときは、囲い込みにも警戒する必要があります。ただし、地域密着型でWeb集客を実施している不動産会社に依頼すると、営業力が強いため早く売却できる可能性が高まりますよ。

岐阜県の不動産仲介業者ならミタカ不動産をチェック

岐阜県の不動産を売却するならば、ミタカ不動産をご検討ください。ミタカ不動産は岐阜県に特化した不動産会社です。岐阜県に限定しているため、関連会社と密に連絡が取れたり、管理コストが下がって販売に注力できたりします。また、測量やリフォーム、解体などを自社や関連会社で実施できるため、売却コストがかかりません。結果、お客様により多くの利益を残せます。「不動産をできるだけ早く・高く売りたい!妥協したくない!」と考えている方は、ぜひミタカ不動産にご相談ください。
ミタカ不動産へのお問合せはこちらから!

おすすめ記事